ヤミ金の返済が滞った時は取り立てや嫌がらせへの注意が必要

世の中には健全な金融会社だけでなく、数多くの危険な業者も存在します。これらはヤミ金とも呼ばれ、おもにどこからも相手にしてもらえなくなった利用者をターゲットに法外な利息にて貸し付けを行い、もしもこれが返済できなくなると暴力的な取り立てやあからさまな嫌がらせなどによってプレッシャーをかけてきます。こういった取り立てでは精神的に参ってしまったり、近所からの苦情がきたり、あるいは本当に生命の危険性を感じたりする場合もしばしばあり得ます。これは利用者に対して親や友人からお金を借りてでも返済するように促すためのものでもありますが、その多くはあえてヤミ金側が利用者に対して返済できずに万策尽きた状態に陥れることによって、更なるグループ内のヤミ金から金を借りさせて借金地獄に突き落としたり、あるいは非合法の仕事や水商売などに従事させることで借金分の負債を精算させようとします。このような世界に入り込んだら最後、もう二度と表世界へ出て来れなく危険性もありますので、まずは最初から一切関わらないという覚悟が必要です。もしもうっかりヤミ金に手を出し、取り立てで困っているのであれば、いち早く弁護士や消費者センターなどに相談を持ちかけてみるのが良いでしょう。



ヤミ金の取り立てと法律の保護

ヤミ金から借金をすると、自宅や職場などに執拗なまでに取り立てに来るため、恐怖心のあまり他の金融業者から借りてでも返済をせざるを得なくなり、結果として多重債務に陥ってしまうというケースがみられます。こうした悪循環を断ち切るための方法として、弁護士に債務整理を依頼することが挙げられます。貸金業法とよばれる法律には、もし弁護士から債務整理を依頼されるなどしたときには、貸金業者は本人に対する取り立て行為ができなくなり、かならず弁護士を通して交渉しなければならないという趣旨の定めがあります。弁護士に依頼をすると、弁護士はまず受任通知という書面を債権者であるヤミ金に送付しますので、これで弁護士が依頼を受けたという事実がヤミ金の側にも伝わります。もし法律を守らずにヤミ金業者が本人に対する取り立てを強行した場合には、懲役を含むきびしい罰則が設けられているため、安易にそうした行動をすることができなくなります。



ヤミ金は電話の取り立ても厳しいので注意が必要

もしも日常生活の中でお金に困ったなら、貸金業者や銀行などから手軽に借り入れすれば不足額をスピーディーに埋め合わせることが可能です。しかし借り入れのためには審査をクリアしなければならず、年収や信用度、現在の借り入れ総額などの面で問題があるとそれ以上の借り入れが困難になります。そんな時でも融資を提供してくれるのがヤミ金です。ヤミ金は貸金業者で借りることの出来ない人が藁にもすがる思いで利用するケースが多いわけですが、その分、利息も法律で定められている以上に高く、なおかつ返済が滞ると電話で厳しい取り立てが行われるようになります。通常の金融業者ではこのような取り立てでも決して法に触れるようなことは行いませんし、暴力的な言葉や暴力そのものを行使することもありません。しかしヤミ金ではそういった違法行為による嫌がらせや強圧的な取り立てが日常茶飯事で、こうしたことが続いた後に生命の危険を感じたり、自ら命を絶ってしまう人もいるほどです。このようにして自分を精神的に追い詰めないためにも、ヤミ金にはできるだけ頼らないように心掛けたいものです。



ヤミ金の取り立ては身内にまで及ぶので注意が必要

私たちの暮らす日常は無数の出費の必要性に満ちています。このような時にどうしてもお金が不足するようであれば銀行や貸金業者から手早くお金を借りるのが効果的ですが、しかし借り入れ額が膨れ上がったり、過去に返済事故を起こした経歴などがあると、契約審査が通過しにくくなるのが現状です。そんな時でも変わらず融資金を提供してくれる存在としてヤミ金業者がありますが、条件の厳しい人でも便利に借り入れできる一方で、その高利や取り立ての厳しさの面では違法性の高い物もあるので注意が必要です。ヤミ金からの借り入れがいつの間にか利息さえも支払えないほど膨れ上がったり、電話や訪問などの取り立てによって自分や家族が精神的にも追い詰められた状況になっていく話は枚挙にいとまがありません。さらにこれらヤミ金では契約時に身内の住所や連絡先を記入させ、もしも契約者本人が返済できないようであれば身内の元にまで押し掛けて取り立てを行うケースも少なくありません。また、身内に借金のことをバラすなどと脅されて契約者がますます追い詰められることもあるでしょう。こういった事態や被害を防ぐ上でも、弁護士に相談してみるのが適当でしょう。



ヤミ金の取り立てはバイトであってもお構いなし

ヤミ金は非常に高額な金利で金を貸し付けて、それで利益をあげる存在ですが非合法なものだけに取り立ても生易しいものではありません。普通であれば貸し倒れの危険がある相手にお金を貸すわけですから、どのような手段を使ってもお金を回収してこようとするものです。そして、このようなヤミ金が成り立つというのはそれだけお金を回収することが、出来る見込みがあるわけということになりますが、取り立てに関しては相手がバイトの立場のように収入が少ない相手であってもお構い無しに行われることになります。そもそも、お金に余裕のある人はこのような場所から借りる必要がありませんから、必然的に利用者には非正規雇用者も多くなるのですが、そのような相手に対してもヤミ金というのは厳しい取り立てを行ってどうにかしてでもお金を回収しようとします。そのため、ヤミ金の追い込みに悩まされないための一番の方法というのは、まず第一に絶対にヤミ金を利用しないということになります。



ヤミ金から取り立てを受けて完済したケース

ヤミ金を利用したほとんどの人が、完済できない状況に陥るのがヤミ金の特徴になりますが、厳しい取り立てにより返済を迫られることになりますが、ヤミ金からの借入れは一切返済する必要がないものです。よって完済という概念もありませんので、返済に困った場合はヤミ金に詳しい弁護士に相談するようにしましょう。ヤミ金の特徴として、取り立てをして返済できないのであれば他の業者を紹介して回すという行為をすることになります。結局のところ自転車操業になりますので、何も解決しません。また違法貸付になりますので、元金を含めて返済する必要がありませんので、と厳しい取り立てを受けてもそれに屈しないようにしてください。違法な行為に苦しむ債務者やその家族も多いです。お金を借りてしまった自分だけの問題にならなくなるのも、この問題の特徴です。精神的に追い込まれることになりますので、そのようなことにならないために弁護士にまず相談をしてください。



最新情報はこちら!

闇金からの恐喝について

闇金が喫茶店を利用する訳